広さと収納力を兼ね備えたお洒落なサニタリールームで快適に暮らす

お洒落サニタリー

快適な生活には広くてお洒落なサニタリールームが必須。

広さと収納力と利便性を兼ね備えた

「つながるおうち」のサニタリールームをご紹介します。

ズボラ主婦の方、必見です。

サニタリールームとは?

「サニタリールーム」とは直訳すると衛生空間。キッチンを除く、トイレ、浴室、洗面室など、衛生のための水まわり設備をもつ空間の総称。サニタリーは水を使用し、衛生状態を維持するため、水に強い素材や耐久性、掃除のしやすさ、細菌やカビが発生しにくい抗菌性・防カビ性などの性能が求められる。(参考:SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典)

一般的には「洗面脱衣所」の意味合いで用いられることが多いですが、サニタリールームにはトイレやバスルームも含まれるようです。

ちなみに我が家のサニタリールームはバスルームに隣接し、ランドリールーム(洗濯やアイロンがけなどの家事を行うスペース)の役割も担っています。

広さ

我が家のサニタリールーム(以下:サニタリー)4.5帖あります。

平均すると2〜3帖のおうちが多いので、わりと広い方です。

この空間に大人が2〜3人いたとしても窮屈ではありません。私が洗濯物を干しているうしろで夫が身支度をしていても邪魔になりません。サニタリー兼ランドリーでも広々使えて快適です。

収納

サニタリー造作収納棚

造作で収納棚を作っていただきました。

横幅180cm(60cm+120cm)と収納力抜群です。サニタリーの広さゆえの収納棚の大きさ。

あえて扉を作らずオープンな収納にしたことで自分なりにカスタマイズが可能です。家族が増えたり将来子どもが出ていったあとにも色々変更できます。オープン収納はズボラな主婦にはありがたく、「扉を開けて、しまって、しめて」という作業がないので、1分1秒を争う朝にも家事がサクサク進みます。

無印良品ボックスでカスタマイズ

無印のボックスは下着などぽいぽい入れられてらくちんです。これもズボラ主婦にはありがたい。

シンプルで見た目も◎。

定番商品なので後々増やしたい場合も困りません。

 

収納棚上の作業台

サニタリー造作棚

収納棚の奥行きは46cmです。洗い終わった洗濯物をドサっとのせたり、乾いた洗濯物をたたんだり、アイロンがけをするスペースとして活用しています。

ナチュラルな棚板の色味・材質もお気に入りです。

物干し

ハンガーパイプ

物干しは2つあります。

天吊アイアンバーの見た目がおしゃれでお気に入りです。高さは身長150cmの私が干しやすいよう床から175cmに。背伸びせずに手を伸ばして無理なく干せます。下にある造作棚は床から85cm。男性の少し長めの服でも棚にはつきませんが、ワンピースなどはついてしまうため手前の物干し(ナスタ エアフープ)に干しています。

2つの物干しによってスペースに余裕を持って干せるし、乾きやすい。ナスタはつけて正解でした。また、2つの物干しに洗濯物がたくさん干してあっても、サニタリー自体が4.5帖と広いので圧迫感はありません。

 

洗面

洗面下収納

サニタリー洗面収納

洗面下にもスペースがあるのでゴミ箱や椅子を収納しています。横の3段の棚には無印良品のバスケットを入れて引き出し代わりに使っています。

 

洗面鏡

サンワカンパニー2面鏡

プレーンVミラーボックスW750(サンワカンパニー:KT03469)

本当は3面鏡がよかったのですが、サイズ的に良いものが見つからなかったので妥協して2面鏡にしました。でも洗面ボウルとのサイズバランスが良く、シンプルな見た目がとても気に入っています。収納力も抜群。

その後、夫のDIYによりIKEAのミラー(FRÄCK フレック)を設置。3面鏡問題は無事解決しました。ヘアセットの時など、あると助かります。税込999円という驚きのコストパフォーマンス。3面鏡を買うより断然安く済みました。

洗面ボウル

TOTO病院用流しSK106

TOTOの病院用流し(SK106)を造作棚にはめ込みました。(SNSなどでは病院用シンクと言われることが多いですね)

大きいため子どもの汚れた服や靴を手洗いする際にじゃぶじゃぶ洗えるし、つけおきもできます。

赤ちゃんの沐浴だってできちゃいます。スクエアな形もお気に入りポイント。

後悔していること
洗面台の高さが85cmと高め。奥行きのある病院用シンクなので蛇口までの距離が長くなり、背の低い私や子どもでは顔を洗うのが大変。手前にタオルハンガーもあるので更に大変。妊娠中は椅子に乗って顔を洗っていました。普通の洗面台は高さ75cmだそうで、コーディネーターさんにしっかり聞いておけば良かったと後悔。というか教えてほしかったです。これは造作ならでは、自由に決められるが故の失敗です。

 

床材

サニタリータイル

クッションフロアは東リのCF4350

ヘキサゴンタイル風でとにかくかわいい。

白を基調にランダムにくすんだ感じが◎。ほこりや髪の毛も目立ちにくいです。

まとめ

広さ4.5帖でランドリーとしても機能する快適なサニタリールームをご紹介しました。

私たち夫婦の寝室と同じくらいの広さのサニタリールーム。ズボラ主婦にとって造作棚の収納力や利便性、洗濯物の干し易さは欠かせません。

それだけでなく、白を基調に少しくすんだヘキサゴンタイル、ナチュラルな棚板、シンプルな洗面鏡、黒色のアイアンバーが調和することで、見た目もお洒落に仕上がりました。(無印良品のアイテムもマッチしています)

私と同じようにズボラで

「家事を楽にしたい」と思う方には広めのサニタリーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です